ほっかブログ

タグ「オリジナルマスク」

マスク制作1

まだまだ修行中ですが、ざっとですが、マスク制作の過程をご紹介しましょう。

まず、型紙を生地に写していきます。マスク生地は伸びるので、型紙とサイズが変わらない様に注意します。

それをローリングカッターでカットしていきます。マスクは4つのパーツで出来ています。生地が薄手の時は、二重にします。

生地を縫い合わせていきます。しつけ縫いやまち針等は使いません。職人さんのマスク作りのDVDを見た時に、しつけ縫い無しで縫うことを知り、それから仮止めをせずに縫うようにしました。

ってことで続きはまた後日!アディオス!アミーゴ!!

スピンドルというらしい。

6月のイベントに向け、マスクの量産体制に入った。と言っても何枚作るかは決めていなにのだけど。

制作にあたり、いつもの材料探し。しかし、どこを回ってもノドテープと十字テープがない!取り寄せもダメなようで。

というわけで、以前お世話になっていた、マスク制作材料ならここ!ってとこにコンタクト。

あっさりと入手することが出来た。久しぶりだったので、躊躇していたのだが…以前と変わることなく気持ち良く対応して頂いたのだ。

しかし、写真を見て頂くと分かると思うが、結構な量だ。またしばらくご無沙汰してしまいそうな……

因みにノドと鼻の補強に使うテープを“スピンドル”というらしい。

NEW Mask de 66

ニュー66マスクです。オレンジで作ってみたら…少し違和感が。型紙も新しいものにしてみたら…違和感が。

そして、いつもより大きめに作ってみました。

2011新作

2011年、新作66マスクです。

生地に伸縮性はありません。しかし、赤のメタリックがあまりに格好良かったので購入。アイアンマンチックな感じにしようかと思っていたのですが、66マスクNEWバージョンに使用してみました。

今回も色々な改善点が……

型紙に修正を加え品質向上を誓い、今日もミシンを踏んでいる!

鬼から虫へ

オーラ アミーゴ!

思いもよらず数多くの注文が入り、日々マスク製作に没頭しておりました。(オーダー頂いたマスクの公開は控えさせて頂いております。)

色々なところで宣伝、売り込みをしてくれている皆さんに感謝なのだ!

そんな中、ちょいちょいと合間をぬって、作ったマスク…本当は鬼の様にしたかったのですが、出来上がってみたらカミキリになってしまいました。

ラ・パルカみたいにすれば良かったのか!と後で思いました。まだまだ修行が足りません。また次への課題だ。

Hasta Luego !



MASK DE 66

新作66マスク。

後ろにもデザインを施したいのでスッポリタイプにて作成。

次回からはNEWミシンで更なる品質アップ!

タグ

マスクファンはやっぱり“あの選手のマスク”が欲しくなるもの。

“あの選手”とはマスカラスだったり、タイガーマスクだったり、ラジバ…古いな。

とにかく憧れのマスクマンのマスクが欲しくなる。

しかし、ショップで買おうとするとかなり高額だ。そこでヤフオクなんかで探るのだが、本物かどうか定かではない。

“本物”というのは、本人が被った物。それとマスクマンが実際にオーダーして作っている職人さんの手によるものかどうかってこと。

そこで、絶対ではないが目安となるのが“タグ”。これが付いているのと付いていないのでは値段が違う。最近では若干かもしれない。

なんか格好いいんで、私も自分のタグが欲しいと思いはじめたのさ。

新作

いろんな要素を詰め込み過ぎてまとまりが無くなってしましました!

勉強になった点もあったし良しとしておきましょう。